バイナリーオプションは、個人でできる投資取引の一種です。バイナリーオプションとはどんな投資なのか、投資初心者にはバイナリーオプションとFXのどちらがおすすめなのかを解説します。

相場がどちらに変動するか予想する投資取引

バイナリーオプションとは、ドル円などの相場が一定時間後に上下どちらに変動するかを予想して投資する、投資取引の一種です。たとえば今の為替相場が1ドル=110円であるとき、10分後にドルがもっと高くなる(円安になる)と予想したらHighのオプションを、ドルが安くなる(円高になる)と予想したらLowのオプションを購入します。そして10分後に予想が当たっていればオプション購入額以上の払戻金を受け取れますが、予想が外れたらオプション購入額は返ってきませんので損失となります。

また単純に相場が上下どちらに変動するかだけでなく、一定期間内に指定レート(例えば1ドル=115円)に到達するかしないか、といった詳細な条件を指定してオプションを購入できる取引業者もあります。

為替相場以外にも、金や原油などの相場を使ってバイナリーオプションの取引ができる業者もありますが、一般的には身近なドル円などの為替相場を使うバイナリーオプション取引が主流となっています。

投資初心者にはバイナリーオプションとFXどちらがおすすめ?

為替相場を対象とした投資には、FX(外国為替証拠金取引)もあります。FXは外貨の売買取引をおこなうのに対して、バイナリーオプションはあくまで相場の変動に賭けるだけ、という違いがあります。

投資初心者にはどちらが向いているか、というのを一概に決めることは難しいですが、バイナリーオプションは投資資金が数千円程度の小額でも始められるという点と、損失額は実際にオプションを購入した金額までに限られるという点で、投資初心者向きといえます。FXは急激な相場変動があった場合、口座に預けている証拠金以上の損失が出る可能性があるため、あまり大きな金額を投資しないように注意が必要です。